お休み処 常磐晒 木綿の店 瀧田

 瀧田は、江戸時代末期より営んでいた廻船業を明治初期曾祖父幸治郎の代に廃しております。廻船業を営んでいた建物は、現在「廻船問屋瀧田家」として常滑市有形文化財となり、このすぐ近くに位置しております。一方、明治5年より知多木綿の販売業を瀧田商店として興しました。

 木綿の歴史は古く、インドやペルーで紀元前2500年頃から衣料の原料として使われております。日本には、室町時代に伝わっております。江戸時代に入って、人々の日常着が、麻から木綿へ急速に切り替わって来ると、それ迄綿栽培地を中心に糸を紡いだり染めたり織ったりされていたものが、次第に木綿織の専門業機屋(はたや)ができ、それが集まった特産地が形成されて行きました。

 知多木綿は、江戸初期の慶長年間(1596年〜1615年)に江戸送りが始まった、と伝えられています。初期には、常滑市の北に位置している知多市を中心として、生白(きじろ)木綿〈漂白加工する前の木綿〉として生産され、海路によって伊勢に送られて加工されて完成品となって伊勢晒(さらし)や松坂晒として江戸に送られていました。その後、江戸中期の天明年間(1781年〜1789年)に現在の知多市岡田の中嶋七右衛門らによる晒の技術の導入後、知多晒の名として通るようになりました。

 幕末に外国から綿や綿糸が入って来るようになると、綿栽培地は次第に衰退して行きました。更に明治になって綿花の輸入が自由化されると、綿作地帯は我が国から消えて行きます。しかし、木綿織業はこうした事態を迎えても、かえって活況を呈します。安い輸入綿糸でそれまでに培った技術をフルに生かして、優秀な織物を織って国際競争に打ち勝って行ったからです。

 明治20(1887)年「東京呉服木綿問屋組合」と「知多郡木綿問屋組合」、更に明治35(1902)年「東京織物問屋組合」と知多有力問屋主導の下に「知多郡白木綿同業組合」が設立されて、日清戦争後の頻発した知多晒の粗製乱造を防ぐ為に品質の統一を図りました。〈ちなみに、曾祖父瀧田幸治郎は、「知多郡木綿問屋組合」の設立発起人の一人であります〉 

 祖父貞一は、大正時代に織布業も始めました。昭和19年に瀧田繊維工業株式会社となり、第二次世界大戦中の軍需工場として兵隊の寝間着や下帯などを生産しておりました。

 第二次世界大戦後しばらくして朝鮮戦争が勃発し、朝鮮戦争後韓国が安い人件費で繊維業を行うようになって日本の繊維業は構造不況に陥って来た為、昭和四六年父福三の代に繊維業を撤退しました。

 瀧田は、商品名を「常磐晒(ときわさらし)」としておりました。源義朝の妻であり、源義経の母である常磐御前のように美しい晒ということのようです。
源義朝は京都六波羅の合戦で平氏に敗れ、常滑市の南に位置している美浜町野間に主従四名で落ち延びて来て、家臣の長田(おさだ)親子に入浴中に殺された史実に基づいて、この辺りの人は常磐御前の名に親しみを覚えるのかなという感がいたしております。

 この建物は明治時代中期に建てられ、瀧田商店のお店として、更に、瀧田繊維工業株式会社の事務所として使われて来ました。この度、この木の温もりのある建物で、かっての商品名にちなみ、「常磐晒」というお店の名でお茶を出して木綿の品などを販売いたしております。

なお、現在織布業をおこなっていない為、瀧田繊維工業株式会社より瀧田繊維株式会社になりました。

 『憩い』、『くつろぎ』そして『楽しみ』の空間になるよう願っております。


瀧田繊維株式会社
社長 瀧田資也