喫茶 ひとくちメモ

その1・・・抹茶
その2・・・マンゴージュース
その3・・・にんじんジュース
その4・・・ミネストローネスープ
その5・・・ボルシチスープ
その6・・・ところてん
その7・・・葛
その8・・・おやき
その9・・・あんみつ
その10・・・千代プリン
その11・・・甘酒


<その1>

抹茶

歴史

 喫茶の風習は元々中国の唐代から宋代にかけて発展したものである。
 抹茶(中国喫茶史では点茶法(てんちゃほう)と呼んでいる)の発生は、10世紀と考えられている。
 日本には平安時代初期に唐から喫茶法(おそらく団茶法)が伝えられたが、抹茶法が伝わったのは鎌倉時代とされる。 その伝来としては、臨済宗の開祖となる栄西禅師が1191年中国から帰国の折に茶種と作法を持ち帰り、その飲み方などが日本に広まったという説が有名である。

成分
 抹茶に含まれる主な成分は次のとおり。

  • カフェイン
  • タンニン
  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸・たんぱく質
  • セルロース
  • サポニン
  • カテキン/ポリフェノール類
  • 香気成分(数十から数百種類)

効能
 茶には眠気の除去や利尿作用などさまざまな効能があるが、特に抹茶は茶葉を粉にして飲むため、葉に含まれる栄養素をそのまま摂取することができる。

賞味方法

濃茶
 茶事などでひとつの椀に客の人数分の濃茶を点て、主客より順にまわし飲む。大人数の茶会には向かない。
 供される菓子は生菓子で「主菓子」(おもがし)とよばれるもの。

薄茶
 大寄せの茶会や禅寺のもてなしには、一人一椀ずつの薄茶を点てる。これは「おうす」とも呼ばれる。
 茶事の折には薄茶の前に「干菓子」(ひがし)を出すが、濃茶を出さない茶会やもてなしでは生菓子を出すことが多い。

出典:ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%B9%E8%8C%B6

[ページトップへ]


<その2>

マンゴージュース

マンゴー

成分
 マンゴーにはビタミンC、βカロテンが豊富に含まれています。
きれいな黄色い果肉の色はこのβカロテンに代表されるカロチノイド類の色によるものです。
食物繊維、ミネラル、ビタミン類も種々含まれています。

食べ方
 生の果実、ジュース、ドライマンゴーとしてスパイスを入れたチャツネとして、塩漬けのピクルス、スープ材料などです。

参考ホームページ: http://www.kikkoman.co.jp/delmonte/doctor/doctor_mango.html

[ページトップへ]


<その3>

にんじんジュース
にんじん

成分
 ビタミンAに変換されるα−カロテンとβ−カロテン、ミネラル、食物繊維が含まれています。

食べ方
 生のにんじんは繊維が硬く、細胞中に存在する栄養成分は細胞を包む膜にしっかりと守られています。
そのおかげで貯蔵性が高く、越冬性もありますが、生のまま食べても組織・細胞内のカロテンなどの栄養成分は吸収されにくいので、熱をかけて調理したり、食事の時に油と一緒に摂ったり、細かく砕いたりすると、カロテンの吸収率が良くなります。
 特にジュースにすると、カロテンの吸収率は高くなります。

参考ホームページ: http://www.kikkoman.co.jp/delmonte/doctor/doctor_carrot.html

[ページトップへ]


<その4>

ミネストローネスープ
ミネストローネとはイタリア語で具沢山という意味のトマトを使った野菜スープです。

 

[ページトップへ]


<その5>

ボルシチスープ
 

ボルシチとはロシアのスープ料理でビートと野菜や肉をじっくり煮込んで作ります。
赤い色はトマトでなくビートの色です。

[ページトップへ]


<その6>

ところてん
トコロテンは
なぜ「心太」
 「心太」と書いてトコロテンと読みます。
 トコロテンは、テングサ類から熱湯により寒天質を抽出して冷却し、ゼリー状にしたもので、トコロテンは日本独特の海草製品であるばかりでなく、大宝律令にもその名が見えるところから、奈良時代以前からあったことは確実です。そのころはこの食物をさす名は特になかったのですが、平安時代に「古々呂布止(ココロフト)」と呼ぶようになって、俗に「心太」の字があてられました。
 この「ココロ」とはコル・コゴル(凝る)こと、「フト」とは餅に類する食品のことだといわれ、ココロフトとは「コゴリ固まった餅」という意味なのです。室町時代以前ではまだココロフトであったのが、室町になってココロティと言いかえるようになり、ココロティ→ココロテン→トコロテンと転化していきました。トコロテンという名が一般的になったのは、江戸時代の寛永年間とされていますが、文字の方は「心太」としてそのまま残りました。現代のわれわれの感覚からすればよほどのあて字のように思えます。
 テングサのことも「ココロフト」といいましたが、後代になってトコロテンの原料であるところからトコロテングサというようになり、上部を省略してテングサの名が生まれました。

[ページトップへ]


<その7>


 マメ科のツル性植物で、その花の美しさから古来より多くの人々に愛され、
紀貫之など多くの文人・俳歌人に歌われてまいりました。
花・茎・根の全てが利用できる大変有益な植物です。
花は高尚優雅を誇り、秋の七草にも数えられ、お茶花としても親しまれています。
そして葛の根から取れる澱粉が本葛粉です。

[ページトップへ]


<その8>

おやき
 おやき(お焼き、御焼き)は、小麦粉・蕎麦粉などを水で溶いて練り、
薄くのばした皮で小豆、野菜などで作ったあんを包み、焼いたものである。
形状は円形で、直径8〜10cm程度が一般的である。焼き餅とも呼ばれる。
長野県(信州)の郷土料理の一種で、主に北信地方・中信地方で作られ、食べられているが、県内の他の地域でも、場所によっては見られる食品である。

出典:ウィキペディア  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%8D
おやきの種類
 ○野沢菜
   乳酸菌発酵が完了した野沢菜はおいしく、そのうえ繊維がやわらかくなります。
   きざんで生味噌・カツオだし・菜種油で調理。味が引き立ちます。
 ○なす
   信州特産丸なすと生味噌を良質の油でからめ、おいしさを引き出しております。
   夏おやきの定番です。
 ○かぼちゃ
   さいの目にカットした甘味の多い生かぼちゃを包んで蒸し、隠し味に味噌で味を調えました。
   朝食にも最適です。
 ○きんぴら
   醤油で味付けしたしゃきしゃきのゴボウとニンジンを包みました。
   皮と相性もバツグンで食物繊維もたっぷりとれます。

[ページトップへ]


<その9>

あんみつ

 寒天は食物繊維たっぷりで
生活習慣病、体質改善、便秘予防に
優れた効果があります。

あんは風味豊かな北海道産を使用。
みつは沖縄産黒糖を使用。
あんみつ クリームあんみつ
あんみつにアイスクリームとロールケーキをトッピングしました

[ページトップへ]


<その10>

千代プリン

 

 プリンとはカラメル(水と砂糖のみを熱して生じた液体)ソースに牛乳と砂糖を混ぜた卵液を
流し込んだお菓子。

[ページトップへ]


<その11>

甘酒

 甘酒とはお酒をしぼる時に残る固形の残渣(ざんさ)で、
ビタミン、ブドウ糖、必須アミノ酸などが含まれている。

シャーベットタイプ ドリンクタイプ

[ページトップへ]